秋吉ファームガーデン

田舎で遊ぼう!観光情報

秋吉ファームガーデンの周辺には、壮大な景観が楽しめる秋吉台や秋芳洞、日本海側に向かえば、 山間の湯の里 湯本温泉や新鮮な海の幸が堪能できる長門仙崎、また近隣には小さいながらも田舎の風情を楽しめる観光スポットなど、大小さまざまな観光を楽しむことができます。

彦山竹林公園

meisyo08.jpg国道316号沿いに駐車場・トイレを完備している利重記念公園には数種、数万本の見事な竹林があります。散歩がてらに竹林を登り、頂上からの眺望もおすすめです。

水神の滝(水神公園)

meisho07.jpg於福町西寺にある水神の滝は、水神川に沿い山道を登る濃緑の陰に十余の滝をつくっています。
渓流は涼音を奏で奇石怪石をぬい、春は桜を浮かべ、秋は紅葉が紅く映えて流れる風情光景は格別の美しさです。
特に涼味を求めて訪れる人が多く、夏になると冷水でのソーメン流しは観光名物となっています。(毎年7月上旬から9月末日まで)

景清洞

meisho06.jpg壇ノ浦の戦いに敗れた平家の武将・平景清が潜んでいたと伝わる洞窟。洞内には目の神様を祭った「生目八幡」をはじめ、「景清のどん張り」など景清にちなん だものがたくさんあります。天井や壁は芸術品のようにすばらしく、フズリナ、サンゴ、海藻などの化石を見ることができます。観光コースとは別に闇の生物、 化石を探す体験コース(所要時間:約1時間)もあります。大人(中学生以上)1,000円、 小人(小学生)560円。探検コース 一律プラス 300円。大正洞と共通券 大人(中学生以上) 1,500円、小人(小学生) 840円。

大正洞

meisho05.jpg秋吉台国定公園の東北端に位置する大正洞は、古来は「牛隠しの洞」と呼ばれ、戦乱や内乱のおりに里人が牛を奪われることをおそれてこの洞内に隠したと伝え られています。豪華な大理石の石柱で作られた藤棚の通路「ロマンロード」を通り洞内入り口へ。洞内は「地獄の入り口」「よろめき通路」「獅子岩」などみど ころたくさん。洞くつ探検の醍醐味を堪能できます。 大人(中学生以上) 1,000円、小人(小学生) 560円。景清洞と共通券 大人(中学生以上) 1,500円、 小人(小学生) 840円。

美祢市歴史民族資料館

meisyo09.jpg美祢市歴史民俗資料館は約10万点の化石を展示・収蔵しています。
また、日本最大の無煙炭田であった大嶺炭田資料・家庭常備薬として親しまれていた伊佐売薬資料・市内各地より出土した埋蔵文化財資料・農機具などの民具を多数展示しています。

別府弁天池

meisho04.jpg透き通ったエメラルドグリーンの美しい水が湧き出る弁天池。この水は灌漑や養鱒にも利用されています。水不足で悩んだ長者が夢のお告げ通りに弁財天を勧請したら水が湧き出したという伝説があります。

秋芳白糸の滝

meisho03.jpg滝の高さは30m・幅10m、厚東川の上流(秋芳町大字嘉万八代)にあります。水が岩肌の上をまるで白糸のように流れるように見えることから、この名があ ります。自然林に囲まれた春の若葉や秋の紅葉は大変美しい景観です。涼しげな滝の音が心地よい空間を作り出しています。キャンプ場や体験工房、遊歩道も設 けられてます。

秋吉台

meisho02.jpg今から2〜3億年もの昔海底に堆積した生物の遺体からできたのがこの秋吉台です。石灰柱群が露出する広大な緑の草原には四季折々に詩情あふれる情景が見られます。地質学上でも貴重な文化財であり、昭和39年国定公園の3分の1が特別天然記念物に指定されています。

秋芳洞

meisho01.jpg高さ30mの青天井、棚田を思わせる百枚皿、天井から鍾乳石が垂れ下がる傘づくしなど、1kmにわたって続く観光コースは、次から次へと出会う自然の造形 美に驚嘆するばかり。バリアフリーの工事も完了し、車いすの方も楽に見学できます。 入場料/1200円(冒険コースは観覧料+300円)

▲このページのトップへ